開店準備休業中。あまり頑張りません。
NO IMAGE

さよならScanSnap Evernote Edition

ほうさくです。サポート終了になってしまいました。

ScanSnap Evernote Editionって?

ScanSnap IX500のEvernoteとの連携に特化したスペシャルモデルです。発売当時はScanSnapのクラウド対応が進んでおらず、ScanSnap Evernote Edition→パソコン→Evernoteという流れでクラウド利用を可能にしていました。パソコン→Evernoteの処理がとても賢く、かつストレスフリーで重宝していました。IX500でも同じようなこともできましたが、手間が段違いだったのです。そして時は経ち、ScanSnap Cloudの登場によりパソコンを経由する必要がなくなり、かつクラウドサービスもEvernote以外も利用可能となりました。IX500はScanSnap Cloudに対応しましたが、Evernote Editionは内部ソフトウェアもEvernote専用仕様だったため、逆にScanSnap Cloudに対応できないモデルなのでした。

 

専用ソフトのサポート終了により、IX500に統合されることに

公式サイトの案内によるとサポート終了に伴い、内部ソフトウェアを書き換えてIX500として利用することを勧められています。ScanSnap Cloudの方が利便性が高いので、順当な案内ではあるのですが、唯一の懸念点は、一度IX500に変更した場合はEvernote Editionに戻すことができないというところです。

実行したが最後、Evernote Editionとはお別れ…。

Windowsのアップデートなどのように気に入らない、あるいは動作が不安定な場合は前のバージョンに戻せるというのであれば気軽に変更できるのですが、不可逆のアップデートは機能追加だけのものでも少し躊躇してしまいます。今回のEvernote Edition→ScanSnap Cloudへの更新はそのほとんどがScanSnap Cloudで対応できますが、一部の機能は再現できないため、さらにためらいます。

 

名残惜しいけど、さよなら…。

公式サイトの仕様差を何度も確認し、おそらくScanSnap Cloudで現状の使用は継続できると判断し、アップデートを敢行しました。今までありがとうEvernote edition。

ScanSnap Cloudに変更して感じたことは別エントリにて紹介します。

 

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!