開店準備中。頑張りまーす。

小学生(低学年)にギャザ教えてみた。その3

ほうさくです。今日も息子(小太郎)にギャザをレクチャーします。

過去のレクチャー内容はこちらです(その1その2

デッキを作ろう!

今まではほうさくが用意した超初心者用デッキであったり、

ウェルカムデッキを使っていましたが、

そろそろ簡単な構築デッキを作ってみることにしました。

土台はウェルカムデッキ

やはり、初心者用ということもあり、よくできていますね。

まずはウェルカムデッキにカードを加えて60枚のデッキを目指すことにしました。

とはいえ、ほうさく所有のウェルカムデッキは版が古く(マジック・オリジンのものでした…。)、

スタン落ちしているものも含まれている状態でした。

ならばモダンにすればいいんじゃない?

さすがに俺専用フォーマットは対戦相手を選んでしまいますので、

とりあえず、基準を満たせるフォーマットを考えるとモダンが最適という結論となりました。

新し目のカード限定になりますが、カードの選択肢が多く、

ローテーションで使えなくなるカードもないのはモダンの大きなメリットだと思います。

息子お気に入りの《凶暴な見張り、ガーゴス》を加え、まずは遊べるデッキが完成しました。

 お気に入りは外せません。

モダンのデッキとしてはまだカードパワー全体的に足りていませんが、

カードを集めてデッキを強くすることもギャザの楽しみです。

 

小学生にフォーマットの説明は非常に難しい

デッキを作るにあたって、使えるカードと使えないカードがあることを説明しようとしたのですが、

非常に難しく感じました。

  • 遊ぶときに新しいカードを開封して、そのカードだけで遊ぶ→リミテッド
  • エキスパンションマークが黒いものだけを使って遊ぶ→pauper

は説明したつもりですが、おそらく息子は理解できていないと思います。

ルールの基本さえ覚えれば、まずは遊べるので、

フォーマットなどの説明はまたおいおいすすめていくつもりです。

最新情報をチェックしよう!